VAPE(電子タバコ)に足を踏み入れたオッサンの記録
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
    << 韓国VAPE取材記 | main |
    the vape pico RTA:2ヶ月使った感想
    0
      JUGEMテーマ:VAPE

      pico RTAは 韓国のmodderである yellowkissさんのブランド "the vape (더 배이푸)" で作られたリビルダブルタンクアトマイザ。

      こんな容器に入ってます。ハンドクリームみたいですね。


      蓋を開けると本体と、一緒に注文したオプショナルチャンバーが入っていました。蓋はパチンと閉まるので小物を保管することができます。


      底部には the vapeのロゴとシリアルナンバー。



      本体です。 各部品はかなり硬く締められていたのでゴム手袋などを用意しておくとよいでしょう。



      タンクを外し、PEEK製のチャンバーを回しながら外すとコイルをセットするベース部ごと取り外せます。ドライバーなどでネジの部分を押しながらベース部も外します。 コイルをビルドするにはベース部だけにする必要があります。(※上の写真はオプショナルチャンバーを装着したところ)


      ピンボケですがベース部です。中央のエアホールからコイルにエアーがあたります。下の部分を持ちながらコイルをセットします。


      ツイストワイヤを使って2.5mm径でこしらえてみました。抵抗値の測定、ホットスポットの除去など通電させるには一旦チャンバーをはめて、アトマイザー底部にセットする必要があります。いちいちチャンバーをはめる工程がちょっと面倒。慣れちゃったけど。

      コットンはチャンバーを外した状態でコイルに通してコットンを上に上げた状態でチャンバーをはめこみます。

      チャンバーから出たコットンは底部につく辺りで切ります。あまり短いとリキッドが下に残ってもコットンに届かなくなっちゃいます。


      右が標準のチャンバー、左がオプショナルチャンバー。オプショナルチャンバーの狭さは濃ゆいミストを生み出してくれます。


      これはeGo one等で使われるCLRコイルを取り付けたところ。 別売りのCLRジェンダーが必要です。


      the vape attoとpico。 ロゴが揃っているのは撮影用に位置を合わせました(汗) 実際はattoのロゴから90°の辺りにpicoロゴがきます。パッと見てPEEK製のチャンバーにチープさを感じる人もいると思います。ちなみにCLRコイルをつけると・・


      すっきりメタリックな感じでまとまります。 ミストの味はすっきりした感じになってしまいます。
      個人的にはすっかりPEEK製のチャンバーがお気に入りです。濃厚な味といい、他に無い独特な質感が好きですねぇ・・。

      何度かビルドしてみた感想は、
      ・通電が必要なときはチャンバーにとりつける必要があるので慣れるまでちょっと面倒。
      ・コットンの出口からリキッドが流れ込んで漏れちゃわないか心配だったけど漏れない。
      ・漏れるときはタンクの下がしっかり締め込まれていないか、チャンバー上部のパーツがしっかり締め込まれていないはず。
      ・リキッドのリフィルはタンクの上の金具を外すと穴があいているので簡単に注入可能。ユニコーンボトルの先端も入るので便利。

      2ヶ月ずっと使いながらGoblin miniやRussian91%と吸い比べしてみたけど、一番味が濃く、漏れなどのトラブルも一番少ない。しかし、唯一気になっていたのは価格だったのですが、、Promistさんで取り扱っている値段なら間違いなくオススメです。(私はまだ国内で販売していなかった頃に買ったので もうちょっと高かったのです)

      購入されるときは、ぜひオプションの極狭チャンバーも忘れずに。



       
      Posted by : qelo(けろ) | vape雑記 | 21:18 | comments(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:18 | - | -
        コメント









        TOP