VAPE(電子タバコ)に足を踏み入れたオッサンの記録
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
    << 温度検知機能の裏側 | main | 【注意喚起】バッテリーは正規品を選びましょう >>
    rDNA40温度検知機能 動作検証1:パワーの変化
    0
      JUGEMテーマ:VAPE

      さて、温度検知機能で何がいいのか?ということを以前からあれこれ書いています。
      ・パワーを調節してコットンが焦げないようになることで、コットンの寿命をのばす。
      ・パワーを調節してコイルに対する過負荷を抑えることで、コイルの寿命をのばす。
      ・上の2つからリキッドをおいしく吸い続けられるようになる。
      こんなところでしょうか。

      で、今回は温度検知機能を使うためにNi200(ニッケル)ワイヤーを使ってコイルを巻いたものの、抵抗値や温度上限、パワー上限をどう決めたらいいのかがわかんない自分に対しての検証です。まず、いくつかのサイトで調べたところによる0.16Ωが良いということで近い辺りでコイルを作成しました。これを20W, 30W, 40Wのパワー上限で10秒間通電させてパワーの変化を見てみましょう。ちなみに温度上限は450℉(232℃)にしています。


      横軸が時間(秒)、縦軸が電力値(W)です。総じて通電後2秒くらいは高出力、その後一定の出力に落ち着いていきます。4秒以降になると20Wでは10W付近、30Wでは7.5W付近、40Wでは5W付近で増減するようになっています。

      では次に、同じパワー上限で温度上限を変更させた例です。

      温度上限を下げることによって、一定出力へ落ち着いていくのがゆるやかになっています。10秒間の通電だと450℉では10W近辺に落ち着くかなというところですが400℉では徐々に下がって10Wあたりになっています。

      では次にパワー上限を15Wに落として温度上限を変化させてみましょう。

      パワー上限を落としてしまうと目標の温度に達するまで時間がかかり、パワーの減衰自体がゆるやかになってしまっています。15Wでは440℉に達することができずにずっと15Wのままでした。

      電力値が変化しないということは温度検知をオフにして一定出力をかけているのと同じであり、変化がなければコットンやコイルにかかる負荷も変わらないことになります。ということは、
      ・最初はパワーをかけてコイル温度を上げる=ミスト出る
      ・ある程度上がったらパワーを落とすけどコットンは焦がしたくない辺りで・・・でも落としすぎるとミストが減るし、落とさないと温度検知オフでも変わらないし・・・
      ではどれくらい落とすのが適当なんだろうね・・この落としどころをパワー上限で調整するのかなと思いました。

      落としどころはどこなのか? それはリキッドがなくなってもコットンが焦げないあたりなのかなとも考えます。この辺りはまだ検証しないと・・・。

      理想値よりも高い0.26オームで10秒間通電させたときの電力値の変化
      20Wだと最初2秒間は安定しながらもどんどんパワーが落ちます。4秒間はミストが安定しますがその後はかなり減る感じ。30W以上は1秒後あたりから4W以下になってしまいます。理想値から外れたことで立ち上がり〜落ち着いた辺りまでの形状が崩れてしまい、パワー上限を上げると落ち着くべきところでパワーが出せなくなってしまっています。



      0.15オーム(赤)と0.26オーム(青)のビルドで20Wの動作を比較すると、
      0.26オームのラインは落ち着くあたりが6秒以降であるのに比べ、0.16オームは4秒あたりから落ち着いています。



      これで何がわかったのか?
      理想値である0.16Ωにおいて、通電時の安定出力時(4秒以降)のパワーをパワー上限値で調節できるようになる。これによってコットンやコイルに必要以上のパワーを与えすぎないようにすることができる。また、抵抗値が理想値から外れると安定出力時のパワーが十分に出せなくなる。温度上限が高すぎると立ち上がりに時間がかかってしまう。

      まだまだ何が理想のセッティングなのかがわからないですね(´Д` ) もうしばらく忘備録が続きそうです。つづく。
      Posted by : qelo(けろ) | 本体など | 23:55 | comments(3) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:55 | - | -
        コメント
        こんにちは!

        何時も興味深く拝見してります!

        ところで、出力の計測方法は、何で行っているんですか?
        | rujiA@Mod研究所 | 2015/03/08 8:21 PM |

        rujiAさんありがとうございます!ホームページ拝見させてもらってますよ!私は計測機器を持っていないのでrDNA40の画面を録画してコマを追っかけているのです。(´Д` )
        | qelo | 2015/03/09 8:10 AM |

        返信ありがとうございます!

        なるほど、その方法がありましたか。
        簡単ながらも確実ですね!

        Blog見ていただけて、恐縮です!私もqeloさんのように、解りやすく簡潔に解説できるようになりたいです。

        またよろしくお願い致します!
        | rujiA@Mod研究所 | 2015/03/09 9:43 AM |










        TOP